スポーツ外傷

スポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ外傷・・・スポーツ中に明らかな外力によって組織が損傷したもの

たとえば、転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、肉ばなれ、骨折、脱臼などのケガ

スポーツ障害・・・スポーツなどで繰り返しの負荷やオーバーユース(使いすぎ)によって、痛みを主とした慢性的に症状が続くもの

野球肘やテニス肘、シンスプリント、ジャンパー膝など

 

ケガをした際は『RICE処置』が非常に大切!!

Rest(安静)・・・受傷後はケガをしたところを動かさない。

Ice(冷却)・・・氷で患部を冷やす。痛みを軽減させ炎症を抑える。

Compression(圧迫)・・・包帯などで適度な圧迫を加える。患部の内出血や腫脹を防ぐ。

Elevation(挙上)・・・損傷部位を心臓より高く挙げる。腫脹や炎症を抑える。

 

 

よく起こるスポーツ障害


●シンスプリント

シンスプリント(過労性脛部痛)脛骨の骨膜や周囲の筋肉に炎症が起きた状態。

オーバーユース症の1つであり、ランナーに多く見られ繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に

発症しやすい障害。スネの内側に沿ってうずくような痛みがあり運動中は痛みが持続し、運動をやめると

痛みはおさまるが、ひどくなると日常生活でも痛みがでる。

 

●ランナー膝

ランナー膝とはランニングやジョギングなどで発症するスポーツ障害の総称。

大腿外側を走る腸脛靭帯が炎症を起こし、このため膝の痛みが生じる。股関節や膝の屈指に伴い

膝の外側の突起部分での摩擦が原因となる。

 

●オスグッドシュラッター病

膝の前面の脛骨粗面という部分が太ももの筋肉に引っ張られて障害が起きた状態。

走り込みやジャンプなど繰り返しの動作によって膝周辺に衝撃がかかり、

スネの骨が隆起して痛む障害。10代前半のサッカーやバスケットボールをしている選手に多い。

 

●野球肘

野球肘とは投球による肘の障害の総称で、投げすぎによって起こるスポーツ障害。

肘の内側と外側が痛むことが多く、投球動作のリリース直前に肘の内側に張力(引っ張る力)

肘の外側には圧迫力(上腕骨と橈骨)が働くことが原因。

痛みを我慢したまま投げ続けると剥離骨折や靭帯損傷へと発展してしまうので、

患部を安静にし無理しないことが大切です。

肘に負担のかからないようにフォームの改善をしたり、ストレッチも重要。

 

●テニス肘

テニス肘は、テニスなどラケットを使用するスポーツでよく起こり、上腕骨の外側の部分に起きる炎症で、

上腕骨外側上顆炎といわれる。日常生活では、ドアのノブを回すときや、タオルを絞る時などに痛みが生じる。

最近では、長時間のパソコン作業でもテニス肘と同じような症状になることが多い。